<< 夕焼け祭り | main | 人生やり直し合宿 >>
バーボン・ストリート・ブルース
 高田渡の本 読んだのさ

「バーボン・ストリート・ブルース」



ぼそぼそ話すとこしか見たことなかったけど

本の中ではいろんなことたくさん話してて

・・・

そうじゃないと本になんねーか 笑




けど なんか文章うまかったなぁ

小澤征爾の書いた本は

文章へったくそで笑っちゃったけどな

けど、まあ、そういうとこ含めていいなぁって思っちゃうんだけど。





ますます 好きんなったな

意外な人がいっぱいでてきて

にしても、糸井重里が高田渡の年上だったなんてびっくらこいた

そんなじいさんが 我れ先にってネットであんな発信し続けてるなんて

すげー感覚だな

おとんも同い年くらいか・・・

ってか、高田渡がじいさんに見えすぎるんだ 笑







いやはや




呑み屋でじいさんにからまれて

人生語られて

じいさんは好き勝手自分のこと話してるだけなんだけど

なんか はからずも

ああ これじゃあいかんなぁって

諭されたような

そんな気分なのでございます






時代は違えど

いや

違うからこそか

学ぶべきことは多い








やるかーーー。。


夜中にはたいがいそう思うんだけどな。。。








ひろき


てか、朝じゃん・・・
カテゴリ:なかのひろき | 04:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.aoboshi.net/trackback/1100929
トラックバック