<< 時代は変わる | main | 食うてからの、イデオロギー。 >>
知識があるってこと。
なんかね 

すごいなーって思いました。







おじさんとゆっくり話をしたのです。


おじさんと言ってももう70歳くらいなのです。


「いっつも何しとん?」って聞いたら


「何もしとらんわー。勉強せなあかんのやけど・・・」


え、なぜに勉強!?と思って聞いたら


「数学と物理や。」と、どっさりの本。


説明されてもさっぱりわからん。大学でやるような内容の。


「現代を生きるにはこれくらい知っとらんとどーしよーもない。」


というのが、勉強し続ける理由らしい。





そういうジャンルがすごい好きなのかと思ったら


大学でやってたのは哲学で、今もネット上で議論してるんだとか


けど、哲学なんてどうしようもない学問で、数学と物理の方が大切なんだとか





この人はどういう風に世界を見てるんだろうって


面白かったからいろいろ聞いてみたんだけど


日本の歴史とか、国際情勢とか、憲法とか、原発とか、


何の話をしてもすごく専門的な知識に裏付けされた言葉が出てきて、


自分の意見がしっかりあって、


それでいて視野がすごく広くて、偏ってない。

(と、ぼくは感じました。一つ一つの言葉がすんなり入ってきたし。)




ぼくはもう 感動してしまって


知識ってこうやって使うものだったのかーーーーーー と。






知っているから 考えられる。

判断できる。



にゃー。





バンド界隈のことも、


こういう世界だろう?と、いろいろわかってくれていたり


鬱のこととか、いろいろ、ねー。






なんだか初めて、


頭がよくて、知識も豊富な人と出会った気がしました。


どちらかの人はたまにいるのだけれど。






庭をいじるのをコンクリ使って自分でやったり


部屋の電気の配線を自分でつくっちゃったり


知識だけじゃ ないんだよね


うん。 


そんなおじさん

現在は塾の講師。





また話に来よーっと。








ひろき

カテゴリ:なかのひろき | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.aoboshi.net/trackback/1100938
トラックバック